読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美健ハピネス

キレイになりたいアラサー猫背女の美容と健康ブログ

【その原因Xにあり】冬の乾燥肌はホットペットボトルで皮膚温度を上げよう

美容 美容-肌・紫外線・シミ

12/2放送の「その原因、Xにあり!」では冬の乾燥肌対策法が紹介されました。

冬は特に悩まされる乾燥肌。

私も毎年手がかさつくので悩める季節がやってきました。

その乾燥肌の対処法に良いのが「皮膚温度を上げる」ことなんだそうです。

冬の乾燥肌の原因は皮膚温度!?

乾燥肌の原因は偏った食事、睡眠不足、スキンケアのしすぎ、空気など様々な原因がありますが冬の乾燥肌は皮膚温度の低下が原因でもあるそうです。

  

皮膚温度が28度を下回ると肌水分が蒸発して乾燥肌につながってしまうとのこと!

  • 皮膚温度が28度を下回ると水分が外に逃げている
  • 皮膚温度が下がると角質にも影響を与える

 

そして乾燥肌のポイントは角層下の顆粒層細胞にある「タイトジャンクション」というものです。

★タイトジャンクション:顆粒層の細胞同士をテープのようにくっつける役割があるもの

皮膚温度が28度を下回るとこのタイトジャンクションの細胞同士をくつける役割が弱まり隙間ができ、水分が外に逃げてしまうとのこと。

  

皮膚温度の低下を防ぐには

【外出時】

  • マスク、手袋
  • 髪を下ろしたり帽子をかぶる

外出時はなるべく肌の守ると良いそうです。

 

【帰宅後】

★ビニール蒸しタオルで保温

タオルを濡らしてビニールに入れて口を開けてレンジでチン!

(500W:50-60秒・600W:40秒が目安)

蒸しタオルを直接当てると肌の水分まで奪ってしまうのでポイントはビニール越しに肌にあてるということ。

 

外出時に出来る皮膚温度の上げ方

ビニール蒸しタオルが使えない場所では暖かいペットボトルを首に当てるだけでOK!

首元を温めると全身の血流があがり皮膚温度も上がるんだそうです。

 

何気なくやってそうな行動ですがポイントは首元を温めることですね。